NEWS

ニュース

2019年07月28日

土用丑の日献立

鰻を食べる習慣についての由来は諸説あり…有名なのは平賀源内説。

 

平賀源内は安永3年(1774年)に出版された『里のをだまき評』で、

「土用の丑の日に鰻を食べると滋養になる」と記述。

これをきっかけに、鰻の蒲焼きが広く売れるようになったそうです。

 

また「本来ウナギの旬は冬であり、以前は夏に鰻はあまり売れない鰻屋が、

夏に売れない鰻を何とか売るため源内の元に相談。

源内は、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたことで、その鰻屋は大変繁盛した。

その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した」そうです。

 

実際にも鰻にはビタミンA・B群が豊富に含まれており、夏バテや食欲減退防止の効果が期待できるのも確かです。

鰻を食べて暑い夏を乗り切りたいものですね!

 

 

◆うなぎの散らし寿司

◇タラモサラダ

◆ゴーヤと木の子の塩麹炒め

◇茶そばの吸い物

医療法人 田中会 関連施設のご案内

医療法人田中会は、武蔵ヶ丘病院、介護老人保健施設おおつかの郷を運営する他、熊本市北5地域包括支援センター(ささえりあ武蔵塚)、看護小規模多機能ホームむさしを設置し、地域の皆様の医療・介護・福祉に貢献できるよう今後も努力してまいります。

  • 武蔵ヶ丘病院
  • 武蔵・大津トータルサポートセンター
  • ささえりあ武蔵塚
  • 田中耳鼻咽喉科
  • 大津陣内メディケアセンター
ページ上部へ